excitemusic

マイホームページ http://www.eonet.ne.jp/~nyahoo/
by mipo-chiro
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
ようこそ!いらっしゃいませ!
来てくれてありがとう!



テーマやスタイル別にブログやっておりますのでこちらもどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 【好き好き大好き!】    みればわかる!
わかるさみれば!
http://blog.goo.ne.jp/mipo-chiro/

 【nyahooの宇宙】 ホームページ
http://www.eonet.ne.jp/~nyahoo/
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

恋の道路状況

「ん!?20:00~8:00まで入ってええんか?あかんのか?ん?

大型が入ってええんか?あかんのか?どっちやねん!」

と道路標識にツッコミを入れたくなる時ってありません?

僕はあります!(ズバリ!)

え?なんのことかわからないって?

そこそこのスピードで車で走ってる時に条件付の道路標識に出くわした時

なんの注文もない単なる標識なら問題ないのですが

メインの標識の下に20:00~8:00迄とか大型とか原付とか

日祝は除くとか付いて来るオマケの注文にとまどったりしませんか?

とまどってる間に後続の車両は迫って来るし・・・

とか気にすると余計にパニクることがある。

大型とか原付とか書いてある標識は道のサイズで判断することが多いけど

真剣に意味を考えるとちょっととまどうことが多い。

もしも、いろんな条件が混ざった標識に出くわしたら

かなりパニクることは間違いないだろう。

そして「もっとわかりやすくならんのかい!」とイラっとしてしまうだろう。




人と人のコミュニケーションも少し似たとこがあって

たいていの人は他人の間柄と思っている人に対しては距離をとるし

細かい人間と思われると相手に気を使わせたりするから

あまり他人に我や理想を押し付けたりしないように制御している

でも、その分、家族や恋人など心を許した間柄のコミュニケーションは

相手に気をあまりつかわない分

自分の我や理想も相手にたいして細かい要求を期待してしまいがちだ。

例えばうちわの恥ずかしい話しですが

僕が居間のソファーに寝っころがってテレビを観ながら本も読んでる時

テレビの方に集中してしまって本を読み忘れている時に

母親が電気もったいないから消しなさいと怒りながら電気を消すことがある

そこまではいいのだが本人は台所や洗面所や和室などの電気を消さず

行き来するのが常で本人はほんの少しだからいいんだと言うけれど

電話がかかってきて長話したりすると

それらは放置されたまま無駄に光りl続けている。

僕がそのことを指摘すると母親は洗面所や台所は蛍光灯であるのに対して

居間の照明は電気消費量が高い照明じゃないのと反論する。

素直に自分も直すからと詫びればこっちも直すよう勤めるが

彼女の中では筋が通った理屈なんだろうけど

言われた方はへりくつにしか聞こえない。

家族や恋人同士のいさかいやケンカっていうのは

本当にたわいのないことが多いと思う。

でも、そんなささいでたわいのないことが大きなストレスになったり

その積み重ねが破局を生んだりすることだってある。



道路標識に条件を複数加えればとまどってしまうように

人との関係だって複雑な理想や注文の多い自我を押し付けられると

相手だってとまどうし疲れる

多分ペットとのコミュニケーションって

相手に押し付けられることもないしこっちも期待しないから

そうゆうストレスがないところがいいのかもしれない。

理想や自我を心の許せる人に開放したくなるのはしかたないけど

なるべく条件も少なくわかりやすくシンプルにしていけば

恋の道路状況ももっとスムースに流れていくのかもしれない。
[PR]
by mipo-chiro | 2005-02-19 01:13

集団自殺考

自分で自分の幕引きをするということをお手軽なものにしてはならないと思う。

生まれついてこの人は死を選ぶよりしかたがないと思えるような生い立ちとか

精神状態や肉体的苦痛を抱えて生きている人っていうのも存在するんだろう

なとも思う。

もちろん、僕の目の前に自殺しようとしてる人がいれば止めるし、

友達が自殺したいと言って来たら絶対に説得するだろう。



きっと、かなりの多くの人が自殺を考えたことがあると思う。

実行に移しかけてどの段階かで踏みとどまって苦しんで苦しんで最後の一歩

で踏みとどまって今を生きている人も多いだろう。

みんなでつるんで死ぬということは最後の判断をうやむやにさせてしまうという

かすっとばしてしまうから、ほんの一時の気の迷いで本来は踏みとどまって、

また歩み出せるべき人もつるんでしまったが故に命を落としてしまったケース

も多いと思う。

死んだら取り返しがつかない。命だけは挽回のしようがない。



自分で自分の幕引きをするということはどんなに寂しくても最後にきちんと一人

で向き合うべきことなのだと思う。
[PR]
by mipo-chiro | 2005-02-17 20:51

はじめまして~これからここに出現するっス!よろしくね~!

チロことチロ・デ・チロリンタンと申します。趣味は散歩。

おいしいものを食べに行く。

カフェでまったり。

文章を書く。

北欧のアンティークの家具とボサノバがすきです。

マリノスファン。

好奇心旺盛で散策好き。

童顔で人見知りですがひとなつっこかったりします。

一人でいるのが好きだけど実は寂しがり屋。

歌って踊れる冒険家めざしてます。

まあ初回はこんなとこにしときましょう。
[PR]
by mipo-chiro | 2005-02-08 17:31