excitemusic

マイホームページ http://www.eonet.ne.jp/~nyahoo/
by mipo-chiro
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ようこそ!いらっしゃいませ!
来てくれてありがとう!



テーマやスタイル別にブログやっておりますのでこちらもどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 【好き好き大好き!】    みればわかる!
わかるさみれば!
http://blog.goo.ne.jp/mipo-chiro/

 【nyahooの宇宙】 ホームページ
http://www.eonet.ne.jp/~nyahoo/
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:マインドコントロール ( 1 ) タグの人気記事

って、本当はぼくらがマインドコントロールにかかっちゃったりしちゃったりしてないか?




オウム真理教の出家信者だっただろうか?

ワイドショーの中継でレポーターが早足で逃げ去ろうとする出家信者を

追っかけながら「洗脳されてるんじゃないですか?」

「マインドコントロールにかかってるんじゃないですか?」

とマイクを向けると、触れてはならない琴線に触れたのだろうか?

無視を貫こうという意思を現わしていた早足を止めて

信者はおもむろにこう言い放った、

「マインドコントロールにかかっているのはあなたたちなんじゃないですか?」

その様子を見ていたスタジオの司会は失笑し

ゲストコメンテーターは「逆切れ」だとヒステリックな笑みを浮かべていた

僕も初めてそれを見た時は信者のしていたヘッドギアと呼ばれる

大げさに電気系統の配線が入り乱れた帽子というか頭に巻くものが

ヒーロー物に出てくる悪の組織が捕らえてきた人間を改造人間にするために

無理矢理かぶせるような小道具のようなうさんくささも手伝って

一緒になって笑っていた。

でも、何年かして彼らの立場になって考えてみると、

彼らがマインドコントロールにかかっていようがいまいが

自分は正常だと思っている僕らだって

軽いマインドコントロールな様なものにかかってるんじゃないか?

という意味合いでならわかるような気がする。

普通に平和に暮らしていて自由にいろんなことを自分の意思で

選んでいると思っている我々でさえ

実は軽いマインドコントロールの様なものに

かっかっているんじゃないかとこのことを思い出すたびに思う。

たぶん、彼らの言い分はこうじゃないかと勝手に解釈してみる。

「あんた達は私の信仰している宗教の教祖に洗脳されていると言う。

でも、それは私が自ら選んで真剣に信仰しているだけ。

あんた達は信仰しているものをよく知りもしないで、

見てくれや噂だけで洗脳だの変だの決め付けて

世間からつまはじきにしてるじゃないか」

こんな感じじゃないだろうか?

物事の本質も知らないで偏見をもった見方をする。

少数派であり常識からはずれていると誹謗、中傷する。

そうゆうのも結局、自分の自由な意思で選んでいない

マインドコントロール的な価値観じゃないのか?と

そうゆう意味ならそれは一理あるんじゃないかと思う。



誰か一人が勝手に言い出して決めたことが新興宗教の経典だとしたら

みんなでいつのまにか決められていたことが常識という名の社会が

作った経典とは言えないか?



例えば、自分の住んでいる街に信仰宗教団体がやって来るでもいいし

火葬場でも墓地でもパチンコ屋でも核施設でもドンキホーテでもいい。

もちろん立地にもよるが住宅地近くにできるなら住民にとっては

騒音になるものや、自分たちにとって不利益になるようなものが

やってくるとだいたい反対運動が起こるわけで

運動に参加しろだの署名しろだの言ってくるわけで

もし、参加しないとか拒否すれば運動をしている人を中心に

感情的なしこりができるだろうし、村八分的な事も起こり得るのではないか?

その人達の中では同じこの街の住民であって、

自分達の身に明らかに不利益なことがふりかかって来ようとしているのを

必死になってふり払おうとしているのに何で協力できないんだ?と思うだろう。

でも、仮に来るもの拒まずをモットーとしていたり決して愉快な事態だとは

思わないけど宗教団体でしか生きる場所がなくてどこからも排除されて

受け入れられる場所がないというのは救いがないから

運動に反対するつもりはないけど受け入れないことには署名できない。

と考える人がいたとしても、その主張を果たして

まともに取り合ってくれるだろうか・・・?


その人の中では常識的であたりまえと信じきっていることでも

本当はそこには強制権はなくって人それぞれに考えや意見はあって

自由はあるべきで、そこに苛立ちやピリピリした空気や大勢での

プレッシャーなどをかけるというのは本当の自由と言えるんだろうか?

こうゆうのって町内会とかに限らず、

学校とか職場内とかサークルとか仲間内など

もっと身近にそうゆう強制的なプレッシャーみたいなものは存在していて

もちろん、もっとライトなものかもしれないけど

NOとは言えない空気をかもし出していて

それって子供のいじめとかハブリとかいうようなものより

直接的な暴力さえ振るわなければ正当だと思い込んでいるという

自覚や進歩がない分、タチが悪いいじめとは言えないだろうか?

軽いマインドコントロールな様なものにかかっているとは言えないだろうか?
[PR]
by mipo-chiro | 2007-08-18 00:24 | ニュース・評論