excitemusic

マイホームページ http://www.eonet.ne.jp/~nyahoo/
by mipo-chiro
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ようこそ!いらっしゃいませ!
来てくれてありがとう!



テーマやスタイル別にブログやっておりますのでこちらもどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 【好き好き大好き!】    みればわかる!
わかるさみれば!
http://blog.goo.ne.jp/mipo-chiro/

 【nyahooの宇宙】 ホームページ
http://www.eonet.ne.jp/~nyahoo/
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:戦争 ( 2 ) タグの人気記事

集団的自衛権について


NHKの特番で集団的自衛権について討論していた。

集団的自衛権という言葉の意味を知っているか?の

アンケートで、はっきりした数字は忘れたが、

知っている人、知らない人、共に40%台で、

わずかに知らない人が2~3%位多かったと思う。

実は恥ずかしながらも僕は2~3%多い方に属していて、

言葉としては認識してたけど、意味としてはその番組で初めて知ることになる。

番組の説明では自分の国が他国に攻撃された時に、

自国で防衛するのが個人的自衛権で、

同盟を結んだ国が他国の攻撃を受けた時に、

防衛の手助けをするのが集団的自衛権というようなことを説明していた。


他国のミサイルが同盟国を襲った時に日本が打ち落とすのはアリかナシか?

他国が同盟国を狙う戦闘機を打ち落とすのはアリかナシか?

という賛否も問われているらしい。

(説明はうる覚えなので解釈の違いや表現に誤りがあったらごめんなさい。)



日本の場合の同盟国はというと、例の世界番長アメリカになるわけですが(笑)

その特番では同盟国であるアメリカが他国に攻撃を受けた時に

日本は集団的自衛権を発動するのか?

という問いに賛否分かれての議論になった。

その問いに僕が一番最初に思ったのは、


① 現状のスジ的には同盟を結んでアメリカが助けに来てくれるのに

同盟がピンチの時にこっちはなにもしないというのはスジが通らない。


②自衛というのは戦争とはまたちょっと違う。でも、関われば戦争に

巻き込まれる可能性はある。けど、ミスミスこのミサイルを見逃して

たくさんの市民が犠牲になるんなら、うちらの対空ミサイルで撃墜したっても

いいんやないやろか?という考えがよぎり、

でもそれは同盟国のアメリカだけに対することだけではなく、

アメリカが敵国に撃ったミサイルさえも打ち落としたいという思いであり、

結局、僕は人命第一主義なんやなぁと思った。


ん?っていうかそもそも、いじめっ子の世界番長アメリカが

ほとんどすべての戦争ってふっかけてないか??

自衛権なんて被害者的な言葉使うから正当防衛的なイメージがあったけど、

今のアメリカに集団的自衛権を発動するのって、

間接的に戦争にかかわってるってなもんじゃなく、

かなりの直接的な戦争加担なんじゃないかと思う。


例えば敵が10000発のミサイルを現時点で持っていて、

アメリカが対空ミサイル8000発、日本が2000発持ってるとして

すべてのミサイルを迎撃できたとすれば、きっちり相殺できるわけですが

仮に日本が集団的自衛権を発動する気がなければ、

アメリカは2000発分のダメージを受けるか、

足りない分の予算や人手などの労力や資金などを回さなければいけなくなる。


さらに例えればK-1のリングでアメリカ選手と敵の選手が戦うことになって、

日本はアメリカの黒子としてアメリカの左右のどちらかの脇に立って

攻撃は一切しないけど、パンチやキックは打撃ミットで受けてるようなもんで、

それってアメリカは基本的に片側のキックやパンチのみ警戒はゆるくできて、

その分攻撃に専念できるし、相手の攻撃を腕やスネなどできっちりブロック

して急所をはずしていたとしても、ダメージは蓄積していくわけで、

日本はそのダメージの一部をカバーする役割をしているわけだから、

それはもう明らかにその試合という名の戦争に日本は加担してるわけですよ。




結論  
   
戦争放棄国である日本は戦争放棄国同士で

相手の本土が攻撃された時に限り、敵国からの防衛を協力するのみの

集団的自衛権しか成立しないんじゃないでしょうか?
[PR]
by mipo-chiro | 2008-01-18 01:45 | ニュース・評論

反日デモと戦争といじめと

心に残る出会いのエピソード

反日デモの報道を知って思ったのは結局ああゆう集団心理って戦争して

いる人の心理と一緒なんじゃないだろうか?って事。

デモ中に暴動を起こして人や車を襲ったりするのは虐殺を行った日本軍の

兵隊の心理に似ているような気がする。

つまりもし彼らが同じ状況になれば同じ過ちを犯す可能性が高いような気

がする。

そうゆうヒステリックな要素を持っているんじゃないかと思う。

日本は自国を侵略し虐殺を行った憎むべき国という教育を受けて、とにか

くすべての日本人は憎むべき対象という考え方も日本の戦時中にアメリ

カなど敵国に対する感情に似ているし、デモに参加している人の中にはも

しかしたらしかたなく参加している人もいるかもしれない。

戦争でもいじめでもまわりがヒステリックになっていてそれが常識になっ

てしまっていて、もしもそこから逸脱すると捕まったり、仲間はずれにされ

たり誹謗、中傷・・・まさにいじめの対象にされる事を恐れて本当はやりた

くないのにしかたなく参加したり自分を思い込ませたりしてる人もいるんじ

ゃないだろうか?

今回のデモには戦争やいじめによく似た圧力やヒステリックな感情がある

んじゃないかと思う。
[PR]
by mipo-chiro | 2005-04-17 13:31 | ニュース・評論